上手な使い方

乾燥肌改善のためにヒアルロン酸配合の化粧品を使ったけれど、乾燥肌が改善しなかったという経験がありませんか。乾燥肌を改善するには、化粧品の選び方や使い方にポイントがあります。

 

乾燥肌の方は肌のバリア機能が低下しているので、バリア機能の役割をする高分子のヒアルロン酸がおすすめです。肌表面をヒアルロン酸が覆って乾燥を防いでくれます。長時間潤いが持続して長く肌を守ります。肌内部に潤いを与えるとターンオーバーが整いバリア機能が回復します。肌内部の水分量を高めるためには、セラミドがおすすめです。ヒアルロン酸だけでなく、セラミドも配合されている化粧品を選ぶとよいでしょう。セラミドも高分子の成分で、低分子化したセラミド配合のものを選んでください。

 

化粧水をバシャバシャ大量につけても高分子のヒアルロン酸は肌に浸透せず、肌表面がべたついて不快になります。毛穴がつまってニキビの原因になることもあるので、製品に記載されている適量を守る必要があります。サプリメントやドリンクで摂取する場合は、就寝前に摂ることがおすすめです。寝ている間は肌の修復が促され、就寝前に摂取することで肌の回復が促されることが期待できます。肌のゴールデンタイムは22から2時であるため、この時間帯に眠っているようにしましょう。