17年02月16日

どんな効果がある?

ヒアルロン酸には水分を保持する働きがあります。皮膚に塗った場合は肌を保湿する働きがあります。ヒアルロン酸は分子が大きいので肌に浸透せず、表面にとどまって肌を保護します。肌内部の水分蒸発を防ぐことで潤いを保持します。低分子化したヒアルロン酸は角質層にまで浸透します。角質層に浸透したヒアルロン酸は、肌内部の水分を保持してくれます。

 

肌に潤いが与えられることで乾燥によるシワの予防が期待できます。潤いある肌はターンオーバーが整い、ターンオーバーが整うことで肌のバリア機能が回復します。紫外線などの外部刺激に負けにくくなり、シワやシミの予防も期待できます。

 

美肌作用だけでなく生理痛や更年期障害の緩和にも効果的です。ヒアルロン酸には排卵を助けて生理不順を改善し、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。女性ホルモンのバランスが整うことで自律神経のバランスが改善され、更年期障害の緩和が期待できます。更年期のイライラ、不眠、発汗などを緩和してくれることでしょう。生理痛がひどくて仕事を休んだり、寝込んでしまう女性もいると思いますが、このようなつらい生理痛もヒアルロン酸で緩和することが期待できます。サプリメントやドリンクで摂ると良いでしょう。